• TOP
  • お知らせ
  • お知らせ情報
  • 【ご案内】日本における知的財産を活用した資金調達―課題と可能性―  (IP Finance in Japan: Challenges and Potentials)

【ご案内】日本における知的財産を活用した資金調達―課題と可能性―  (IP Finance in Japan: Challenges and Potentials)

2022年05月25日

無形資産の活用が増々重要となる中、本ウェビナーでは、日本報告書の紹介、IP
を活用した大規模な事業価値証券化の最近の成功事例の紹介、米国・中国・欧州を
はじめとする国際的なIPを活用した資金調達に関する比較考察が行われる予定です。
なお、ご参加には事前登録が必要となります。

 
【日時】
 2022年6月15日(水) 16:00-17:45(日本時間)

【開催形式】
 オンライン(Zoom)

【参加方法】
 事前登録制(無料)
 ※下記のリンクより事前のご登録をお願いいたします。
 https://wipo-int.zoom.us/webinar/register/WN_OtsNISGHQamqaTlAWrdeeg

【言語】
 日本語・英語(同時通訳)

【プログラム概要】
※本ウェビナーの内容は、予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

  16:00- 開会挨拶
   澤井 智毅 (WIPO日本事務所 所長)
  16:05- WIPOの知財金融に関する取り組み
   Allison MAGES (WIPO知的財産商業化部門 部長)
  16:15- 日本報告書概要の紹介
   肥塚 直人 氏 (三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 知的財産コンサルティング室 主任研究員)
  16:55- 国際考察(米国、中国)
   Martin BRASSELL 氏(Inngot Chief Executive)
  17:05- 国際考察(欧州)
   Alfred RADAUER 氏(クレムス応用科学大学 Institute of Business Administration and Management Head)
  17:15- WIPOによる調査比較
   Guy PESSACH (WIPO知財ビジネス部門及び知財イノベーション・エコシステム部門 ディレクター)
  17:30- 事業価値証券化取引事例
   菅原 潤一 氏 (Spiber株式会社 取締役兼執行役)

【主催】
 世界知的所有権機関(WIPO)日本事務所
 世界知的所有権機関(WIPO)知財ビジネス部門

  • 経済産業省
  • 特許庁
  • 独立行政法人
  • 知財ポータル
  • よろず支援拠点