• TOP
  • お知らせ
  • 平成30年度 意匠制度の改正に関する説明会(特許庁)

平成30年度 意匠制度の改正に関する説明会(特許庁)

2018年12月25日

 今年度、特許庁では、意匠権の明確性を確保しつつも、出願実務上の負担を極力軽減し、簡便で使いやすい制度とするため、意匠の適切な開示要件の在り方等に関する意匠審査基準の改訂の検討を行いました。
 本説明会では、その意匠審査基準改訂の方向性に関して、主に(1)願書及び図面等の記載要件の簡素化、(2)意匠審査基準に関するその他の見直し(①「意匠に係る物品の区分」に係る運用の見直し、②一意匠の考え方の明確化、及び③組物の意匠制度の運用の見直し)等について、特許庁職員がわかりやすく説明します。

※詳細についてはプログラム開催案内をご覧ください。(PDF:939KB)

  • 経済産業省
  • 特許庁
  • 独立行政法人
  • 知財ポータル