窓口支援事例

株式会社サノ
特許 商標 事業・経営

地域資源じゅんさい配合の秋田ご当地サプリメントを商品化!

企業情報

所在地 秋田県秋田市
ホームページ URL http://www.sano-co.com/
設立年 1957年 業 種 卸・小売業
従業員数 35人 資本金 4000万円

企業概要

 当社の創業は江戸時代初期に、屋号を「越後屋」と称し秋田の地で商いを始めたと伝えられており、寛政年間には佐竹氏より名字帯刀を許され、薬種問屋と呉服・太物・小間物商を営んできました。現在は、株式会社サノ・ホールディングスのグループ企業として創立62年目を迎えております。
 事業内容は、秋田県内を主力基盤として、体外検査診断薬や分析機器類の卸販売、工業用薬品類の販売、県内の大学・研究機関への 研究用試薬・器材の販売、および医療廃棄物の収集等主に7つの事業領域に分かれております。

自社の強み

 秋田県を基盤に、医療・福祉・産業のサポーターとして歩んできました。
 健康を支援する企業として、みなさまのお役に立てるよう多種多様な商品を取り扱っております。
 当社オリジナル商品の開発では、しっかりとエビデンスデータを取得することで、「信頼」「信用」がある商品づくりを心がけております。
 また、これまで培ったノウハウをもとに自社だけではなく、他社のお客様の商品開発のコーディネートも行っております。
 長年培ってきた「信頼」を大事にしながら、誠心誠意をモットーに「一歩先を行く提案」を心掛けております。

一押し商品

 「潤彩小町」(商標登録第5996147号)は、秋田県の地域資源であるじゅんさいと、日本酒の副産物である酒粕を原料に配合した秋田のご当地サプリメントです。秋田美人をイメージさせるネーミングのとおり、便通改善効果や肌質改善が期待できる女性に嬉しい商品です。リンゴ味のスティックゼリー状のサプリメントなので、水無しで、いつでもどこでも摂取できる手軽さも好評をいただいております。秋田県総合食品研究センターとの共同研究では、ヒト介入試験を行い、便通改善や肌質改善の有効性を検証しました。
 「潤彩小町」でみなさんの美容と健康を応援してまいります。

知財総合支援窓口活用の概要(記:窓口担当者)

窓口活用のきっかけ

 同社は2015年に食品開発部門を立ち上げ、秋田県総合食品研究センターとの共同研究を行うなどしてオリジナル商品の開発に取り組み始めました。共同研究成果である「ムチン産生抑制剤」について特許出願手続きを進める検討段階で秋田県総合食品研究センターの紹介で当窓口にご相談いただきました。

最初の相談概要

 共同研究成果の特許出願手続きを進めるにあたり特許制度や具体的な手続きの流れ、中小企業向けの支援メニューや窓口でお手伝いできること等について説明をし、予備知識を得ていただきました。
 当窓口では特許出願に向けて秋田県と共同で電子出願手続きができるように支援することにし、特許出願の内容については専門家(弁理士)相談を活用しながら手続きを進めるよう助言しました。

その後の相談概要

 専門家(弁理士)を活用し出願内容を決定後、電子出願手続きを支援し特許出願に至りました。
 特許出願時期にサプリメントの商品化についてもご相談をいただき、商品名の検討では先行商標調査支援後に専門家派遣(弁理士)を活用し、初の自社ブランドのサプリメントに「潤彩小町」と命名し商標登録支援をしました。現在はサプリメントの新商品開発や販路開拓の支援をあきた企業活性化センターと連携支援して行っています。

窓口を活用して変わったところ

 食品開発部門を立ち上げ、商品開発(研究開発を含む)を進めながら知的財産権について着目し、各ポイントごとに課題を見つけ解決してきた経験が、現在の商品開発や事業推進に活かされていることが最近の相談内容から伝わってきます。常に知的財産権について着目しながら販売中の「潤彩小町」の販売促進活動をし、「潤彩小町」に次ぐサプリメントの新商品開発にも取り組んでいます。


企業からのメッセージ

 商品のイメージを左右する大事な「商品名」を決定する際、窓口担当者より登録商標の調査方法についてアドバイスをいただきました。事前に調査を行うことで、商標登録もスムーズに進み、製品化へ至ったと思います。また、初めて自社ブランドのサプリメントを開発した当社にとって、登録商標が会社の財産として重要であることや特許で自社製品を守ることなどの理解が深まりました。分かりやすく説明していただけて大変感謝しております!

窓口担当者から一言

 食品開発部門の立ち上げ当初から支援することができたことについて、担当者としてとても喜ばしく思います。今後、社内の知的財産活動がより一層活性化するように引き続き支援させていただきたいと思っています。 (伊藤 潤子)

地域資源じゅんさい配合の秋田ご当地サプリメントを商品化!(290.6 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2019年10月30日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点
  • つながる特許庁 6都市で開催 参加無料