窓口支援事例

株式会社ミドリ
営業秘密・ノウハウ 社内体制

人的流動性の高い喫茶店経営で、営業秘密管理を導入!ノウハウ流出防止へ

企業情報

所在地 愛知県名古屋市
ホームページ URL https://www.ochaya.net
設立年 1925年 業 種 技術サービス業
従業員数 33人 資本金 1,000万円

企業紹介

 当社はお茶の販売と自動給茶機のリース・レンタル及びサニテーション・原料販売を2本の柱とした、名古屋市の企業です。約100年前お茶の販売から始め、30年前に給茶機事業、10年前から喫茶店「茶縁」をオープンしています。経営理念は、地域社会の方々と共に200年続く企業になり、そして茶業界に新しい風を吹き込むという先進的な企業で、メディアにたびたび取り上げられています。



相談のきっかけ

 名古屋商工会議所星ヶ丘支部主催のITの講演会に出席した際、代表取締役と隣り合わせになり、周知を開始したことがきっかけです。支部の役員であり、幅広い経営理念をお持ちのように感じました。知財総合支援窓口の各種支援から、給茶機のリース・レンタルなどのビジネスモデル特許や、屋号と商品の商標、茶器などの意匠出願、そして会社の営業秘密管理規程整備の支援方法を説明しました。

支援概要

 ビジネスモデル特許、意匠、商標出願は、一部取り組んでいるとのことで、顧客情報や、ノウハウの重要性が経営と直結しており、知財システムの構築として営業秘密管理規程の整備を進めることとなりました。まずINPIT知的財産戦略アドバイザーに概要の説明を求め、2本柱のノウハウとして、日本茶喫茶のレシピ保護、リース・レンタルシステム、多数の顧客情報管理の必要性が判明しました。

支援成果

 体制・規程の整備の進展として、機密情報管理規程、情報管理基準、機密情報棚卸(全体・各部署)、就業規則、誓約書、インターンシップ誓約書等を完成させました。また、情報管理の徹底のため、極秘、丸秘、社外秘等の分類、管理責任者、管理場所の特定を行いました。また、従業員への説明会等も実施しました。


企業コメント

 必要性は感じながらも、経営者がなかなか時間が取れず、担当者が対応できるかと心配したが、事業承継者と実務担当者が確実にまとめてくれ、しっかりした営業秘密管理規程が完成した。


窓口担当者コメント

 代表取締役と営業部長、担当者と一丸となって文書の秘密管理のグルーピングと整理(棚卸)を進めていただき、事業部にまたがった文書管理を行って頂きました。今回は、事業者と初めて一緒にまとめることができた営業秘密の事例で、感慨深いものとなりました。今後は経営の下支えとなり、常に経営をバックアップする体制となるように望みます。


(木村 幸雄)

人的流動性の高い喫茶店経営で、営業秘密管理を導入!ノウハウ流出防止へ(646.0 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年6月 4日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点
  • つながる特許庁 6都市で開催 参加無料