• TOP
  • お知らせ
  • 支援企業が知財功労賞特許庁長官賞を受賞しました

支援企業が知財功労賞特許庁長官賞を受賞しました

2021年04月09日

本日(2021年4月9日)、当窓口の相談対応者 杉山早実さんが長年にわたりご支援をした、株式会社尾鍋組様が
知財功労賞 特許庁長官賞を受賞されましたので、ご報告いたします。
今後も皆様の知財に関する課題の改善や、よりよい知財経営の為に窓口一同、精一杯ご支援させていただきます。
■ご紹介
株式会社尾鍋組 代表取締役 尾鍋 哲也
知財活用企業(特許)
会社概要
受賞のポイント
所在地 三重県松阪市飯高町宮前321-4
設 立  1984年
資本金 35百万円
従業員 14人
事業内容 公共土木事業と地盤改良(エコジオ工法)事業
地盤改良事業では、施工代理店方式で全国展開。
特許の取得・管理については、三重大学や三重ティーエルオーと連携しており、更に、より広く強い特許を出願するために知財総合支援窓口や、弁理士事務所とも連携し特許戦略を策定している。
また、施工管理装置・ソフト(特許取得済)を活用し、地盤改良工事の施工記録を暗号化し管理する仕組みを構築することにより、全国の施工代理店による安定した品質の地盤改良工事の提供を実現している。
当社の主な収益は、加盟金(特許技術の権利使用対価)及び「施工アカウント(ロイヤリィー)」(施工量に応じて施工代理店からの「特許技術の使用料」)であり、特許技術を活用したエコジオ工法は、(財)日本建築総合試験所から建築技術性能証明を取得。その結果、住宅市場での優位性の確保と実用化の促進を実現しており、国土交通省が運用する新技術登録システムNETISへも登録済みのため、公共工事でも活用可能となっている。
エコジオ工法の普及を通し、地球環境負荷の低減に貢献しており、さらに、安定した高品質の業務提供を目指すため、施工代理店、三重大学と連携してエコジオ工法協会を設立している。施工代理店は現時点で47社(54箇所)であり、施工件数は2万件を超えている。
経済産業省HP
特許庁HP
  • 特許庁
  • 経済産業省
  • 独立行政法人
  • 知財ポータル
  • よろず支援拠点
  • つながる特許庁の特設サイト