窓口支援事例

有限会社宮地民芸
意匠

鳴子型スマホスタンドの意匠出願支援

企業情報

所在地 高知県高知市
ホームページ URL http://miyaji-mingei.com/
設立年 1993年 業 種 製造業
従業員数 8人 資本金 -

企業概要

 当社は、自然に恵まれた高知県高知市にあり、観光土産・よさこいグッズの卸販売をはじめ企業ノベルティ、イベントグッズ企画・製造を行っております。
 また、オリジナルT シャツ・ストラップ・キーホルダー・ステーショナリー・陶器などのオリジナルグッズの企画・製造などを行っており、お客様の様々な要望にお応えできるよう、また、皆様に明るい笑顔を提供するために、笑顔あふれるメンバーで心をこめてものづくりを行いながら、多彩なアイテムを揃えております。

自社の強み

 当社の強みは、観光土産の卸販売業のなかで、高知県ならではの商品を取り扱うことができることです。ギフト・記念品・ノベルティ・イベントグッズなどの企画品の製造を受けることができます。
 また、オリジナルグッズの企画・製造及び販売なども行っており、個人の方から企業の方までお客様のニーズに合わせた商品の提供を通して、皆様のご要望にお応えし、皆様に明るい笑顔を提供することができる企業です。
 さらに、高知県オリジナルキャラクター「とさお」のプロデュース、関連商品の販売などを行っており、「とさお」を通して、高知県の面白さ、楽しさ、良さなどを皆様にお届けしています。

一押し商品

 鳴子型スマホスタンド「おけるき」(意匠登録第1625100号)
 踊り子が工夫を凝らし、地方車には華やかな飾り付けをして市内を乱舞する土佐のカーニバルである“よさこい祭”に欠かせない鳴子。鳴子は手首のスナップを上手に効かせて鳴らすと、涼やかな音がします。よさこい祭りで使用される鳴子は、よさこい好きや高知県のお土産として大変人気があります。この鳴子をもとに開発したのが鳴子型スマホスタンド「おけるき」です。充電しなから立てておくこともでき、スマホだけでなく、タブレットなどをおくこともできます。

知財総合支援窓口活用の概要(記:窓口担当者)

窓口活用のきっかけ

 同社では以前よりオリジナル商品などの開発及び製造などを行われていましたが、同社社長が知的財産権の保護についてこれから取り組まなくてはと考えられていた時、知財総合支援窓口の支援メニュー等の紹介に同社を訪問したことにより当窓口を知ることとなり、当時開発中だった商品「おけるき」に関する知的財産の保護の相談をしたいとの要望をうけたことがきっかけとなります。

最初の相談概要

 同社は、新しく開発したオリジナル商品について知的財産権での権利化の必要性を感じられており、その支援を要請されました。形状をまねされたくないとのことから意匠登録制度について説明し、意匠権での出願のために必要となる先願調査方法の説明を行いました。また、すでに販売を開始していたため、新規性喪失の例外規定などについて説明し、まずは、意匠登録出願のための書類の作成について説明を行いました。

その後の相談概要

 意匠登録出願書類提出後、新規性喪失の例外証明書の書き方などについて説明しました。意匠登録出願の審査を待つ間にも、併わせて商品名(・マーク)の商標権での権利化も有効かつ効果的であるなど、他の知的財産権の活用などについての説明も行いました。意匠登録出願については無事登録を受けることができ(意匠登録第1625100号)、登録された権利の活用方法などについて支援を行いました。また、意匠登録商品であることをホームページ等に表示したことで、ネット販売での問合せや注文の件数が増えてきていることを実感されているとのことでした。

窓口を活用して変わったところ

 産業財産権制度の基礎からの理解度も高められ、オリジナル商品における開発や権利の保護への取り組み方が大きく変わられたようです。知的財産権の役割などについて学ばれるなかで、知的財産権の重要性や活用方法、また、第三者が持っている知財を侵害しないことの大切さなどにも気づいていただけたと思います。


企業からのメッセージ

 知財総合支援窓口には、知的財産に関して取り組みたいと思っていても何から始めればよいのかなどが解らない状態からでも、それぞれの商品にあった権利化や権利の活用方法などについてアドバイスをしていただきました。今後、商品開発や事業活動をする上で、ますます知的財産が重要視されてくると思います。その際は、さまざまな専門家のアドバイスを適切に受けられる知財総合支援窓口の活用をお勧めします。

窓口担当者から一言

 同社は、観光土産・よさこいグッズから企業のノベルティ・イベントグッズの企画・製造など多岐にわたる商品の開発をおこなっており、商品を注文してくれるお客様を笑顔にするために、一生懸命喜ばれるオリジナル商品を生み出しております。生み出した商品が侵害などのトラブルに巻き込まれないよう知的財産を活用し、高知県を盛り上げる企業となるよう同社のますますのご活躍を期待します。 (畠山 佳子)

鳴子型スマホスタンドの意匠出願支援(448.6 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2019年8月21日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点