窓口支援事例

株式会社阪東食品
商標 海外展開

商標を活用しての国内販売と海外展開への支援

企業情報

所在地 徳島県勝浦郡上勝町
ホームページ URL http://bando-farm.com/index2.html
設立年 2018年 業 種 農林水産業
従業員数 6人 資本金 300万円

企業紹介

 当社は徳島県勝浦郡上勝町の山中、標高300~400mに会社と農園があり、阿波晩茶、すだち等の生産、加工を行っています。徳島県では唯一農業生産と加工を一貫して行っており有機JAS認証を取得している農業法人です。オーガニック製品を軸に、美味しく安心、安全、身体に優しい商品を供給販売しています。「本物は心を動かす」をモットーに国内及びEU、中国、アメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム等への海外展開を図って参ります。

相談のきっかけ

 同社を立ち上げる前に、「ものづくり補助金」の件で徳島県よろず支援拠点の存在を知ったことから、商標登録出願についても相談に行ったところ知財総合支援窓口を紹介されたことがきっかけで来訪されました。

支援概要

 よろず支援拠点からの紹介で、いくつかの商標登録出願の支援を行った後に、今後、タバスコのような辛味調味料を展開するのに商標が必要とお考えだったので、標章「BAKASCO」を30類の指定商品「香辛料」として商標登録出願するための支援を行いました。

支援成果

 2020年7月17日に「BAKASCO」の国内販売につながりました。販売開始後約2月間の売り上げは、ポン酢の場合に比べて約1.7倍増となっています。  
海外では、フランス・イタリアで販売が開始されました。また、新たに中東ドバイでの展開の話がきているとのことであります。


企業コメント

 INPIT徳島県知財総合支援窓口の支援を受けたことにより知財の重要性を実感いたしました。初めてご相談に伺った時は、何も分からずでしたが、一から丁寧に教えていただき前に進めることが出来ました。大変感謝しております

窓口担当者コメント

 同社が、ゆず果汁にトウガラシ、柿酢等を加えた辛味調味料の事業を始めたところで、指定商品「香辛料」、標章「BAKASCO」の商標登録出願を支援させていただきました。商標権を取得した国での海外展開は、同社にとって初めてのことですので日本貿易振興機構(JTERO)とも連携し今後も支援を続けて参ります。 (依田 司)

商標を活用しての国内販売と海外展開への支援(580.1 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2020年11月11日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点
  • つながる特許庁 6都市で開催 参加無料