窓口支援事例

有限会社ロワール
商標 ブランド

「菓子屋ロワール」ブランド構築支援

企業情報

所在地 山形県米沢市
ホームページ URL https://kashiya-loire.com/
設立年 1968年 業 種 製造小売業
従業員数 2人 資本金 300万円

企業紹介

 当社は、ヨーロッパで修行してきた先代社長が地元米沢市民の皆様に本格的な洋菓子を味わっていただきたいとの想いからロワール菓子店本店として1968年にオープンした、米沢市ではじめてのウェディングケーキを手がけた本格洋風スイーツのお店です。
 現社長へ事業承継に合わせ、2020年に菓子屋ロワールとしてリニューアルオープンしました。

相談のきっかけ

 最初の支援は2016年4月でした。7年前に当時の弁理士の廃業に伴い更新を忘れて消滅した商標権の再取得に関する相談でした。すでに他者が6年前に商標権を取得し使用していたため、専門家(弁理士)を交えて相談したものの再取得は難しいとの判断になり、自社商標権取得を支援しました。

支援概要

 商標権の重要性に気づいた同社は、2019年までに6件の商標権を取得しました。2018年7月には専門家の五島中小企業診断士(兼ブランド専門家)とともにブランド構築支援を開始し、商品毎のデータ化と非効率商品の廃番とともに自社の強みの見極めをアドバイスしました。さらに、2019年12月の事業承継で前社長の娘さんが社長に、外部修行を終えたお孫さんが店長に就任したことに平行して、外販先都合で生産停止したチーズケーキの復刻を含めたリブランドを支援しました。

支援成果

 リブランドは高級店化を目指して東京の人気店に遜色ない品揃えとし、クッキーなどの詰合せもパッケージを変更しました。製造機械導入では、県地域コーディネーターと連携して経営革新計画の策定やものつくり補助金申請などをアドバイスしました。2020年1月の店舗リニューアル後、品揃えに合わせて客層が若返り、店頭販売額が約3倍になって利益率も改善されました。


企業コメント

 この支援のおかげで、事業承継や補助金による最新機器導入やリニューアルが行えたことなどご支援頂いた皆様には感謝しかありません。
 今回のリブランドで、コロナ禍の中でもお客様が来訪される事の有り難さを感じております。

窓口担当者コメント

 コロナ禍の中で、顧客ターゲットの変更が成功した事例と思います。
お店の皆様が一丸となって掴んだ結果だと思います。支援を喜んで貰えて嬉しいです。
(川﨑 裕)

「菓子屋ロワール」ブランド構築支援(617.8 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2020年11月12日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点
  • つながる特許庁 6都市で開催 参加無料