窓口支援事例

株式会社デンケン
特許 海外展開 社内体制

上市した両眼視機能検査装置の知財支援

企業情報

所在地 大分県由布市
ホームページ URL https://www.dkn.co.jp/
設立年 1976年 業 種 製造業
従業員数 525人 資本金 7,520万円

企業紹介

 1975年の創業以来、果敢なチャレンジ精神を企業風土とし、様々な電気電子応用機器の研究開発に取り組んでまいりました。常に「お客様第一主義」「現場主義」を念頭におき、昨今の多様化するお客様のニーズを実現するため、豊富に蓄積された技術・ノウハウをベースに、時代に即した「ベストソリューション」をご提供できるよう努力を続けてまいります。

相談のきっかけ

 株式会社デンケンは、総合エレクトロニクスメカトロニクスメーカーとして、半導体製造装置、太陽電池検査装置などの開発・製作を行っていますが、今回自社ブランド製品として「両眼視機能検査装置」の開発・販売を行うこととなりましたので、その開発に際し知財面での支援を行いました。

支援概要

 両眼視機能検査装置の開発にあたり、この装置が他者の権利に抵触する可能性について、専門家(弁理士)の協力を得ながら支援を行いました。先行技術調査に関する助言を行い、他者の権利に抵触する可能性は低いことを専門家の支援を受けながら確認し、開発の取り組みを支援しました。装置の開発はハードウエアとソフトウエアの両面から行われましたが、ソフトウエアの開発は協力企業の協力を得て行われ、その開発成果の権利化の支援を行い、関連技術について2件の特許出願を専門家とともに支援いたしました。

支援成果

 国内および外国での特許・意匠・商標の権利化の目途がついたことを受け、同社は今年8月からこの製品の上市を行うことになりました。今年の販売目標台数は、国内、外国ともそれぞれ500台を計画しており、その製造体制も既に構築済みです。また同社は今年新たに知財担当者を1名採用しており、知的財産権への取り組みが強化されました。


企業コメント

 知財総合支援窓口は、先行技術調査、特許明細書の確認及び権利化までの中間処理対応まで、ワンストップで手厚く支援して頂けます。また企業側からの多種多様な課題に対しても、高度な専門家を派遣していただけるなど、日頃から大変感謝しております。是非とも活用することをお勧めいたします。

窓口担当者コメント

 同社は、この装置に新たな機能を追加した装置の開発も計画中であるため、継続して知財面での支援を行う予定です。また、同社の知財担当者の協力を得ながら、開発担当者の知的財産権に対する認識を深めるための支援を行っていきたいと考えています。 (北坂 学)

上市した両眼視機能検査装置の知財支援(596.8 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2020年11月16日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点