窓口支援事例

石川鋳造株式会社
意匠 商標 営業秘密・ノウハウ

商標権・意匠権取得による新市場展開支援

企業情報

所在地 愛知県碧南市
ホームページ URL http://ishikawa-chuzo.co.jp/
設立年 1938年 業 種 製造業
従業員数 30人 資本金 2,400万円

企業紹介

 当社は、鋳物技術を用いて、繊維機械部品の委託製造から始まり、自動車部品を手がけ、さらには水道部品、産業機械部品を受注製造しています。そして長年の技術と経験を活かし、自社で企画・開発した「おもいのフライパン」のほか、アルミ溶解用鋳鉄ルツボ・ラドル・インゴットケース・保護管などの自社製品を製造しています。

相談のきっかけ

 同社は、自社製品開発において、鋳物の特筆すべきメリットである熱伝導のよさ・蓄熱温度の高さを活かせることでフライパンに着目し、開発を進めてこられました。新市場に向け販売していくために、知的財産権の保護及び活用という点で、商工会議所を経由して支援窓口を訪問されました。

支援概要

 身近で日常的な製品である「フライパン」「調理用鉄板」であり、直販を計画されておられるので、消費者が親しみやすい商標の登録と、他社と差別化できる意匠の登録を勧めました。出願にあたって、知財専門家(弁理士)の助言を得て出願を完了しました。意匠登録出願は、本意匠、部分意匠、関連意匠の出願を完了しました。また、製造ノウハウの保護について、INPIT知的財産戦略アドバイザーにより、営業秘密管理の必要性のアドバイスを受け、従業員の秘密保持誓約書等を整備されています。

支援成果

 同社は、登録商標、登録意匠を取得されています。自動車部品等を受注し製造する業務と違い、この新事業は、BtoCの商品であり、自社で販路開拓、ネットでの販売が課題であり、登録商標・登録意匠のPRにより、消費者の認知度は上がり、販売に貢献しております。従業員の意識も高まり、新製品開発時、必ず意匠・商標の先行調査及び出願を行う仕組ができています。


企業コメント

 当社は、自社の強みである鋳造技術を利用した新製品を企画・開発し、新市場に向けた販売を開始しました。今回の支援をきっかけに、製造ノウハウの秘匿化とともに、登録商標・登録意匠が大きな力を発揮しました。知財に関わる課題がありましたら、ぜひ、支援窓口の利用をお勧めします。

窓口担当者コメント

 下請の割合が多くなりがちな鋳物製造業において、自社の強みを活かした鋳物製品を開発し自社販売され、それを知的財産の側面からサポートできたと思います。 (飯島 英雄)

商標権・意匠権取得による新市場展開支援(573.6 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年1月 7日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点