窓口支援事例

株式会社テープジャパン
特許 実用新案 事業・経営

知財権の戦略的アピールでライセンス締結

企業情報

所在地 長野県下伊那郡阿智村
ホームページ URL https://tapejapan.com/
設立年 2017年 業 種 卸・小売業
従業員数 2人 資本金 50万円

企業紹介

 当社は、運動・スポーツをする人に向けて、関節・筋肉をサポートする「テーピング用テープ」を販売していますが、このテープは貼り方や使用部位によって皮膚に過度なストレスを与えます。そこで、連携している整体師と共に、大小の複数の穴をあけ、縦・横・斜め方向に可動しやすくし、マッサージ効果や皮膚刺激効果も得られるテーピングシートを開発しました。

相談のきっかけ

 大小の穴をあけたテーピングシートは、他に例が無いことから、特許等の知的財産で保護したいと考え、知財総合支援窓口を訪れて相談しました。窓口支援担当者から、特許、実用新案、意匠による保護が可能であるとの見解を受け、当面は実用新案権による保護を目指すことにしました。

支援概要

 テーピングシートの販売開始時に、実用新案権の取得について表示するようにアドバイスを受け、パッケージやホームページに表示しました。販促活動を展開したところ、数社からライセンスのオフ ァーがありました。そこで、権利期間の長期化が必要となり、さらに医療品関連企業からの要請も手伝って、特許への変更出願を行いました。特許権(特許第 6579474 号)を取得でき、ホームページの表示を変更しました。テーピングシートは、プロのアスリートにも愛用され、全国のスポーツショ ップ、ドラッグストア、ゴルフ場等で販売しています。

支援成果

 テーピングシートを販売開始する際に、実用新案権を取得し、早期に市場にアピールしたところ、数社からライセンスオファーがありました。その後、特許に切り替えて権利化したところ、大型スポーツ店からもオファーがあり、市場に対してアピールすることができました。


企業コメント

 販売開始時に、まず実用新案権の取得をアピールしたことによる関連企業の反応には驚きました。その後、特許権に切り替えたことにより、知的財産による保護の重要性を改めて認識できました。

窓口担当者コメント

 販売開始時には実用新案権を取得して早期にアピールし、その後特許権の取得により長期に保護する作戦が功を奏し、知的財産を十分活用できました。 コロナ禍ですが、今後、運動・スポーツの愛好家に愛用されることを期待します。 (富澤 正)

知財権の戦略的アピールでライセンス締結 (583.9 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年5月20日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点