窓口支援事例

Ordermade&Remake おはりこ
商標

新商品のキャッチコピーを商標権で保護

企業情報

所在地 鹿児島県鹿児島市
ホームページ URL https://www.ohariko-ohariko.com/
設立年 1983年 業 種 製造業
従業員数 4人 資本金

企業紹介

 当社は、オーダーメイドによる各種ドレス等の製作、ハイブランドドレスの寸法直し、思い出のある大切な洋服や着物をスタイリッシュでお洒落な洋服へ新しく蘇らせるリメイク等を中心に、1つ1つ手作りにより、お客様のニーズに寄り添った商品を提供しています。

相談のきっかけ

 脱衣を伴う治療を必要とする入院患者の負担を軽減するために平面展開が可能で、かつ機能美溢れるパジャマを商品開発した際、新商品の宣伝販売に関する相談のために鹿児島県よろず支援拠点を訪れました。その際、知財権による保護の必要性を助言いただき、知財総合支援窓口を訪れました。

支援概要

 商品は「平面パジャマ」という名前で 2019 年福岡デザインアワードで入賞し、地元の新聞・TVでも報じられました。当初、商品の特徴的な形状を意匠権で保護することを目指して出願しましたが、古い公知例により何人も権利化できないことが判明しました。そのため、知的財産権に関する取組方針を変更し、商品のキャッチコピーである「平面パジャマ」の知名度向上を積極的に図ることとし、商標出願を行いました。出願に際しては、自治体による知財活動に関する助成制度を活用し、無事に登録となりました。

支援成果

 出願した商標は2020年4月に登録となり、商品名を保護できたことから、商業施設等で展示販売を積極的に進め、新商品の周知を図ることで、販売数も徐々に増えつつあります。当社では、新たな商品についても商標登録を行う等、知財意識の定着が進んでいます。


企業コメント

 知財総合支援窓口の支援を受けたことで、安心して「平面パジャマ」の販売を進めることができます。今後の新商品開発においても、必要に応じて知的財産権による保護を図り、安定した事業運営に心掛けたいと思います。

窓口担当者コメント

 知財活動に前向きに取り組んでいただいたことで、スピード感を持って知財対策を進めることができました。ユニークな商品であり、周知を図ることで販売拡大を期待します。 (亀井 英徳)

新商品のキャッチコピーを商標権で保護(600.0 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年5月20日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点
  • つながる特許庁 6都市で開催 参加無料