窓口支援事例

アイコンヤマト株式会社
特許

ドローンと特許で新事業領域へ大きく飛躍!

企業情報

所在地 鳥取県鳥取市
ホームページ URL https://www.icony.jp/
設立年 1987年 業 種 技術サービス業
従業員数 34人 資本金 1,000万円

企業紹介

 当社は、昭和62年に鳥取市で建設コンサルタントとして創業し、以来、「とっとりSDGsパートナー」に登録されるなど、地域と共に成長しながら、多くの社会基盤整備に携わってまいりました。

相談のきっかけ

 同社は、ゴルフ場向けサービスのネーミング相談をきっかけに、知財総合支援窓口を利用されるようになり、同社のドローンやAIを活用した図化技術に関する特許出願、その権利化の支援を行うようになりました。

支援概要

 ドローンにより得られた3次元点群データから図面作成する技術は、同社が公共事業中心の事業を民間事業に広げるために着手したもので、開発に際し、初期アイデアの特許出願を支援し、展示会までに出願を完了しました。この展示会では、興味を持った会社との秘密保持契約を鳥取県の特許流通コーディネーター(芦崎 幸弘氏)と連携して支援し、商談を進めることができました。その後、初期アイデアに基づくカラー可視可技術についてオープン&クローズ戦略を支援し、オープンにしても良い技術内容について発明のポイントを整理しました。同社は、整理した発明ポイントを2件の特許出願にまとめ、初期アイデアの特許出願が公開される前に出願完了しました。これら特許出願の審査では、拒絶理由通知に対し、面接審査を助言しました。その結果、特許出願2件とも特許査定となりました(特許第6730501号、特許第6730502号)。特許取得後、特許の活用方法について芦崎氏と連携して支援し、「鳥取県版特許集2021年版」に掲載されました。また、同社は、2件の特許に基づく自動図化サービスを同社のホームページ等で宣伝広告を行い、民間事業への進出を開始しました。

支援成果

  特許技術を活用した「図化サービス」で顧客中心の新規事業の立ち上げに成功し、特許出願から僅か2年余りで社内売上比率を0から5%まで急激に拡大することができました。公的機関中心の事業を民間企業へも広げることができ、事業の多角化に寄与できました。


企業コメント

 特許を取得したことで、各種展示会の来訪者に「特許を取得しているこの会社にしかない独自の技術なのだ」と思って頂くことができ、取引がスムーズになりました。特許が無事に取得できて本当に良かったです。

窓口担当者コメント

 同社は、取得した特許技術を活用して安全・安全な社会づくりに寄与するSDGsへの取り組み、小中学校への出前授業による地域貢献などにも積極的に取り組まれています。今後も同社の活動を知財総合支援窓口でご支援していきたいと思います。 (田渕 一十志)

ドローンと特許で新事業領域へ大きく飛躍!(133.0 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年9月 9日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点