窓口支援事例

株式会社ふたば
商標 ブランド 事業・経営

地域に愛されるパンを全国ブランドへ

企業情報

所在地 広島県福山市
ホームページ URL https://panja-bread.com/
設立年 2016年 業 種 製造業
従業員数 20人 資本金 300万円

企業紹介

 当社は、「走るパン屋さん」として移動車14台で広島県福山市を中心に備後地域でパンの販売を行っています。「おいしいパンでみんなを笑顔にしたい」というコンセプトのもと、厳選された小麦を使い、職人が1つ1つ心を込め、独自の製法で素材の風味を活かした優しい味のパンを丁寧に焼き上げてお届けします。今日もあなたの住む街へおいしいパンととびきりの笑顔をのせて…。

相談のきっかけ

 広島県よろず支援拠点福山サテライト(渡辺幸三コーディネーター)に新商品(プリン)の販路について工場長が相談に来られた際に同席させていただいたのがきっかけです。知財のご活用経験が無いことから商標登録制度や商標調査方法のアドバイスを行いました。

支援概要

 相談を受ける中で社長から「クリームパンで全国展開を図りたい。」との熱い想いをお聞きしました。製法については自社のノウハウとして秘匿することになり、全国展開を視野に入れたブランディングについてブランド専門家(毛利祐規氏)を派遣して支援を行いました。また、新ブランド「PAN DE HAPIA」のマークや商品のパッケージについて商標登録支援を行いました。

支援成果

 支援を通して他社商品の侵害を避けるため商標登録を積極的に行うようになりました。その結果、観光名所である鞆の浦仙酔島をモチーフにブランディングしたクリームパンを、渡辺コーディネーターとの連携により、銀座の広島県アンテナショップ「TAU」、NEXCO西日本サービスエリア、広島県福山市の観光地「鞆の浦トモテツバスセンター」での販売が決まりました。さらに、同商品を2021年度福山ブランドへ申請も行いました。


企業コメント

 今回、知財の重要性から商標登録の手順等まで一連のご支援頂きました。それにより、全国展開を目指す上で必要な事項が判明し、不明点も理解できるようになり、今後の企業成長のきっかけを導いて頂きました。ありがとうございました。

窓口担当者コメント

 知財経験のない企業でも知財の必要性について理解していただき、よろず支援拠点と連携して、全国展開の足がかりになることが出来ました。今後、販路が広がり、同社の商品で日本全国に笑顔の輪が広がることを期待しています。 (森本 理子)

地域に愛されるパンを全国ブランドへ(127.3 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年10月 1日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点