窓口支援事例

株式会社こだいこ
商標 契約・法務

屋号"こだいこ"を守る想いが織りなす復活劇

企業情報

所在地 熊本県上益城郡嘉島町
ホームページ URL https://denkodaiko.wixsite.com/kodaiko
設立年 1954年 業 種 宿泊・飲食業
従業員数 1人 資本金 30万円

企業紹介

 当社は、昭和29年創業の熊本ラーメンのお店です。当社のラーメンは寸動鍋ではなく、五右衛門鍋を使用しています。昔ながらの製法で3日間煮込んだあっさり濃厚白マー油豚骨スープと自家製麺が特徴です。こだいこの味を守り続けた創業者の味を、長年共に営んできた長女の村田紀美江(現店長)が受け継ぎ、自ら“こだわりの豚骨スープの味”を調合しています。

相談のきっかけ

 相談者はトラブルを抱えており、お店の存続の危機にありました。そのような状況の中、父親の代から使用している屋号「こだいこ」だけは何とか守りたいとのことで、商標登録に関する相談のため知財総合支援窓口へ来訪されました。

支援概要

 屋号を守りたいとのことから、専門家(弁理士)を活用し商標登録に関する支援を行いました。また、相談者とのヒアリングの中で業務委託契約に関する問題、資金に関する問題があることがわかりました。そこで、業務委託契約に関しては専門家(弁護士)に、資金調達についてはよろず支援拠点コーディネーターと連携して店舗の再建につながる支援を行いました。

支援成果

 一度、閉店を余儀なくされましたが、契約・資金問題を解決し2020年6月に新店舗をオープン!見事復活されました。 
 また念願であった屋号「こだいこ」も無事に商標登録となりました。(商標登録第6297514号)


企業コメント

 商標登録を行うために知財総合支援窓口に相談に行きましたが、とても丁寧に対応して頂き、商標登録を完了することができました。大変感謝しています。将来につなげるために商標登録について学ぶことができ、商標登録の重要性を再認識できました。

窓口担当者コメント

 こだいこは地元でも有名な老舗の熊本ラーメン店です。相談当初、とても落ち込んでおられましたが、相談者とともに、見えてきた課題を整理し専門家や支援機関と協働で解決に取り組みました。店舗の再開は担当者としても大変うれしい事でした。
コロナ禍において厳しい状況ではありますが、引き続き頑張って頂きたいと思います。 (宮﨑 聖子)

屋号"こだいこ"を守る想いが織りなす復活劇(140.5 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年10月20日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点
  • つながる特許庁 6都市で開催 参加無料