窓口支援事例
株式会社森正工業設計
特許意匠商標

ねこを愛するみなさんに届けたい、ねこ用採尿器の知財ミックス

企業情報

所在地
茨城県日立市
ホームページ URL
http://nyanpling.com
設立年
1974年
業 種
技術サービス業
従業員数
4人
資本金
1,000万円

企業紹介

 森正(もりしょう)工業設計は、機械設計及び設計技術者の労働者派遣事業を主な事業として行ってきたところ、新規事業としてペット用品の開発に着手しました。その中でも、自社の強みである設計技術と実際に飼育中の猫に関する知見を生かし2021年には猫に特化した採尿器を製品化。クラウドファンディングでのテスト販売で目標金額の656%を達成し、現在2022年春の販売開始に向けて商品の量産化推進中です。

相談のきっかけ

 腎臓病や泌尿器疾患に罹患することの多い猫の健康管理のためには動物病院での定期的な尿検査が大切であるにも関わらず、猫の採尿のための適当な製品がないことから、同社は、「すべてが簡単にできること」にこだわった採尿器を開発されました。当該採尿器の権利化のため知財総合支援窓口に来訪されました。

支援概要

 まずは、当該採尿器を特許化するための先行技術調査や発明の構成要件等について助言しました。また、同社は商品のデザインや名称についても権利化の必要性を認識され、専門家(高橋昌義弁理士)を活用しながら、意匠権及び商標権について同社自ら出願を行いました。さらに、取扱説明書等の法的側面で専門家(武田彩織弁護士)、補助金申請等の資金面で茨城県よろず支援拠点と連携しながら支援を行いました。

支援成果

 当該商品について意匠及び商標を登録することができ(意匠登録第1693384号他1件、商標登録第6393916号)、さらに特許出願(特開2021-110745)にも至りました。また、よろず支援拠点との連携により、クラウドファンディングのプレスリリースをきっかけに全国紙(朝日新聞)へ掲載、茨城県の優れたデザインとして「いばらきデザインセレクション2021」にも選定されました。知財ミックス戦略に基づいた上市に向け更なる事業展開を進めています。


企業コメント

 小規模事業者にとって新規事業への挑戦はアイデアがあっても、特に資金面でハードルが高いです。知財取得は必要不可欠なものであり無料の専門家支援は本当に助かりました。いばらきデザインセレクションへの応募も勧めてくださり多角的なご支援も大変有難く感謝しております。

窓口担当者コメント

 同社が猫に対する思いと高い設計技術を活かし、全く新規分野に参入されるにあたり、専門家(弁理士、弁護士)及びよろず支援拠点と連携し、支援させていただきました。今後も引き続き支援を進めていきたいと思います。 (鈴木 将司)

ねこを愛するみなさんに届けたい、ねこ用採尿器の知財ミックス(159.4 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2022年1月13日

トップに戻る
  • 特許庁
  • 経済産業省
  • 独立行政法人
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点