支援情報

支援内容

特許出願等の手続き支援

産業財産権制度特許権実用新案権意匠権商標権)の概要や出願手続き等をわかりやすく説明しています。
さらに、知財総合支援窓口内に設置した電子出願共同利用端末機においてインターネット出願を行うことができます。
機器の操作を説明・指導しています。(機器の使用料は無料ですが、特許庁への出願料は別途かかります。)

類似技術等の調査支援

新たな研究開発における既存の公知技術の調査や権利取得をしようとする中小企業等に対し類似の技術等の権利化状況等の調査支援を行っています。特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を活用して既に特許出願されている、または特許になっている内容等の検索手法・操作方法を説明・指導しています。

知的財産に関する支援施策等の紹介

地域の関係機関と連携し、中小企業等が利用可能な知的財産関連の支援施策やその手続き方法等を紹介しています。

知的財産の活用・事業化支援

中小企業等における知的財産の戦略的な活用方法や、知的財産権を活用した事業化プランの構築提案等を支援しています。

訪問による支援

窓口担当者(知財トータルサポーター)が現地を訪問して支援を行います。
また、必要に応じて知財専門家も同行します。

  • 相談者が窓口に来訪することが困難な場合
  • 現場で機械設備等を見る必要がある場合など
  • 知財総合支援窓口運営事業((独)工業所有権情報・研修館(INPIT)事業)
  • 経済産業省
  • 特許庁
  • 独立行政法人
  • 知財ポータル