文献番号から検索

特許・実用新案番号検索

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)にアクセスします。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

検索手順

例)公開特許公報「特開2012-170633」の内容を確認したい。

(1)利用するサービスの選択

グローバルナビゲーション「特許・実用新案」にマウスポインタを移動し、「特許・実用新案番号照会」をクリックします。

「特許・実用新案番号照会」は、出願番号等の文献番号を入力し、特許・実用新案公報を検索することができるサービスです。

Point
「特許・実用新案番号照会」については、照会可能な年代の制限がありません。

(2)対象とする公報種別の選択

こちらが入力画面です。まず、「種別」の中から、照会対象としたい文献を選択します。今回は公開特許公報を調べることが目的なので、「公開・公表特許公報(A)」を選択します。

Point
公報の種類によって番号形態も異なります。種別を選択するにあたっては、あらかじめ調べたい公報の種類を確認しておく必要があります。各公報における入力例につきましては、画面上のヘルプをご参照ください。

(3)番号の入力・実行

番号ボックスに「2012-170633」を入力し、入力内容を確認の上、「照会」をクリックします。

(4)照会結果の表示

一覧表示画面が表示され、出願番号や公開番号等の各種番号が表示されます。内容を確認したい公報の「文献番号」をクリックします。

Point
「実用全文明細書(実全)優先」にチェックすると、実用全文明細書が優先されて表示されます。目的に応じてご活用ください。

(5)公報の表示

公報の情報が表示されます。複数の文献が存在する場合、「次の文献」をクリックすると、文献を順番に見ることができます。

公報の見方(公開特許公報の例)

(1)公報の表示形式

J-PlatPatにおいて、公報を表示する形式は、「項目表示」、「イメージ表示」、「PDF表示」の3つの形式があります。「項目表示」ができるのは、平成5年(1993年)以降に発行された公報のみです。

表示スタイル表示状態
項目表示 文献の全ての項目を表示したい場合は「全項目」、文献の書誌と要約と請求の範囲を表示したい場合は「書誌+要約+請求の範囲」、文献の書誌と要約と請求の範囲と実施例を表示したい場合は「書誌+要約+請求の範囲+実施例」をクリックします。
イメージ表示 広報イメージが表示されます。
PDF表示 現在表示されている文献の広報イメージがPDFファイルで表示されます。
広報をPDF表示して印刷をすると、イメージ表示より印刷品質が良くなります。

(2)公報の記載内容

ここでは一例として、公開特許公報を用いて説明します。
公開特許公報は基本的に下表の項目で構成されています。

(3)公報の文献単位PDFダウンロード

「文献単位PDF表示」機能にて、公報の文献単位PDFダウンロードを行うことができます。
まず、「文献単位PDF表示」をクリックします。

認証画面が表示されますので、画面に表示されている4けたの認証用番号を入力します。ここでは認証画面に「3890」と表示されていますので、「3890」を入力します。その後、「送信」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると、文献が自動的にPDF形式にて表示されます。

参考)補正・訂正公報の場合、ファイルが分割されている場合

補正・訂正公報が存在する場合は、ダウンロードが完了すると、補正・訂正公報の発行日毎にリンクが表示されますので、見たい公報のリンクをクリックします。
ファイルサイズが5MBを超える文献は、ファイルが分割された状態で、結合プログラムとともに提供されます。全てのファイルと結合プログラムをダウンロードし結合プログラムにてダウンロードしたファイルを結合します。詳細については、画面上のヘルプをご参照ください。

  • 経済産業省
  • 特許庁
  • 独立行政法人
  • 知財ポータル