特許分類検索

特許・実用新案分類検索

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)にアクセスします。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

検索手順

(例題)FI「F21L4/00」を利用して特許文献を検索したい。

(1)利用するサービスの選択

グローバルナビゲーション「特許・実用新案」にマウスポインタを移動し、「特許・実用新案分類検索」をクリックします。
「特許・実用新案分類検索」は、分類を入力し、特許・実用新案公報を検索することができるサービスです。
分類は、特許庁審査官等が文献内容に応じた付与を行っているため、ノイズや漏れの少ない検索をすることができます。
「特許・実用新案分類検索」については、検索可能な年代の制限がありません。

(2)検索式の入力・実行

こちらが入力画面です。まず、「種別」の中から、検索対象としたい文献を選択します。今回は一例として、「特許(特開、特表(A)、再公表(A1)、特公・特許(B)」を選択します。
次に「分類指定」で「FI・Fターム」を選択し、検索式ボックスに「F21L4/00」を入力します。
分類のみの検索でヒット件数が多くなる場合には、検索項目として「公知日/発行日(和暦または西暦)」も選択し、検索の対象となる日付を入力することで、絞り込むことも可能です。
これで検索の準備が整いました。入力内容を確認の上、「検索」をクリックします。

検索が終了すると、ヒット件数と「一覧表示」ボタンが画面下に表示されます。
一覧表示」をクリックします。

Point
ヒット件数が1000件を超えると「一覧表示」ボタンは表示されません。

(3)検索結果の表示

文献番号や発明の名称、公開・公表分類等が表示されます。内容を確認したい公報の「文献番号」をクリックします。

  • 経済産業省
  • 特許庁
  • 独立行政法人
  • 知財ポータル