窓口支援事例

株式会社フジシタ
意匠 商標

ジャガイモの掘り取り機の知財戦略支援

企業情報

所在地 長崎県雲仙市
ホームページ URL http://www.fujishita.jp/index.html
設立年 2011年 業 種 製造業
従業員数 6人 資本金 300万円

企業紹介

 当社は創業より約70年、地元農家様と共に歩んできました。農作業機の販売・修理を行う傍ら、日々圃場へ足を運びお客様からの聞き取りを行いながら、機械メンテナンスで培ったノウハウを活かした農業機械の開発も行っています。主力商品として、座ったまま植付が出来る『種芋植付機ジャガールタンク』、長崎などの狭小地へ搬入出来る『自走式乗用型じゃがいも掘取機ブルガール』があります。

相談のきっかけ

 同社が農業機械の開発に取り組むなかで、以前より意匠権や商標権の取得などについて継続して相談を受けていました。今回も、新規に開発したジャガイモの掘り取り機の販売促進を目指した権利化について相談を受けました。

支援概要

 まず、ヒアリングを通じて相談者とともに新規開発の要素、発明のポイントなどを整理し、先行技術調査などの指導を実施しました。そのうえで専門家(弁理士)を交えて権利化の可能性について検討しました。圃場での実証試験の立ち合いを通じて、同社の開発内容の理解を深め、ジャガイモの掘り取り機の完成に合わせて意匠登録出願について助言し、その後意匠登録出願が行われました。そして販売促進に向け、併せて商標登録も行われています。

支援成果

 同社は、過去の支援において、製品の特徴を表したネーミングの重要性を実感されており、今回の掘り取り機においてもユニークなネーミングの商標権を取得されました。安心して積極的に広報に使用でき、知財の効果を実感されています。また、意匠権の活用など知的財産の活用に積極的に取り組まれるようになり、新聞やテレビなどに取り上げられて売れ行きも好調です。


企業コメント

 御担当の坂本様には自社製品の権利保護の為長年に渡り御相談をさせて頂いています。どの社員よりも仕様を細部まで把握されているのではないかという程の熱心さを以てアドバイスを頂き、いつも坂本様のエネルギーにより開発意欲が刺激されています。今後とも御助言の程宜しくお願い致します。

窓口担当者コメント

 同社社長の地域ニーズに応える情熱にはいつも驚かされます。長年の支援により知財の重要性を理解され、改良を重ねた成果をどのように守るか早いタイミングでご相談いただけるようになりました。今後も支援を継続していく予定です。 (坂本 亜希)

ジャガイモの掘り取り機の知財戦略支援(579.0 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2020年11月12日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点