窓口支援事例

株式会社バラの学校
商標 ブランド 契約・法務

こだわりの食用バラのブランディング支援

企業情報

所在地 千葉県館山市
ホームページ URL https://www.baranogakkou.co.jp
設立年 2011年 業 種 農林水産業
従業員数 6人 資本金 900万円

企業紹介

 当社は、千葉県館山市で化学農薬や化学肥料をつかわない食用バラの栽培、加工、流通販売まで行う6次産業の会社です。また、食用バラの栽培や加工の教室を開催しており、国内で唯一、食用バラの育て方を学ぶことができます。

相談のきっかけ

 バラの葉を用いた紅茶を開発され、知財総合支援窓口に発明相談がありました。すぐにネーミング「ローズリーフ」を商標出願すると共に、発明については専門家(阿部正博弁理士)を活用して特許出願し、いずれも登録されました(商標登録第6053831号、特許第6359746号)。

支援概要

 上記の商標と特許の出願後、ブランディングの相談があり、ハウスマーク「バラの学校」とロゴマーク「NAKAI ROSE FARM」を商標出願し、いずれも登録されました(商標登録第6095860号、商標登録第6127234号)。さらに、食用バラを農家に生産委託する製造委託契約書や生産ノウハウなどの秘密保持契約書の相談もあり、現在は、鹿児島県と山形県の契約農家に食用バラを生産委託しています。

支援成果

 東京都港区南麻布の結婚式場の一角に同社広尾店として食用バラのワークショップを開くことが出来ました。その契約等、様々な契約の支援をしたところ、同社自身で契約書の検討ができるまでスキルアップされました。近年では、多くのデパートでも食用バラの加工品をロゴマーク「NAKAI ROSE FARM」を使用して販売されるようになりました。


企業コメント

 商標登録、特許取得、契約書の検討等、多岐に渡りアドバイスを頂戴しました。お陰様で、当社設立目的の「食用バラの普及による社会貢献」へ大きく一歩近づくことができました。

窓口担当者コメント

 バラの葉紅茶の特許取得とハウスマーク「バラの学校」とロゴマーク「NAKAI ROSE FARM」の商標登録を通じたブランディング、さらに、生産ノウハウの管理や取引契約書などもご自身で検討ができるようになり、着実に知財経営定着へのステップを歩まれています。 (窪田 芳雄)

こだわりの食用バラのブランディング支援(95.5 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年9月 9日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点