窓口支援事例

合資会社ホーハン製陶所
特許 事業・経営

陶器製造方法を生かして事業再構築へ!

企業情報

所在地 愛知県高浜市
ホームページ URL http://www.hohan.com/
設立年 1958年 業 種 製造業
従業員数 17人 資本金 500万円

企業紹介

 当社は、インテリア陶器、エクステリア陶器、植木鉢、洋蘭鉢、ガーデニング用プランター、テラコッタ鉢の製造販売を行っています。しかしながら、陶器製品は海外特に中国からの安価なコピー品が市場に出回って利益確保が益々難しい状況に置かれています。そこで、新製品を研究開発し、特許等の権利を取得して模倣品を排除し、業界を取り巻く状況の改善とともに地域の活性化を目指しています。

相談のきっかけ

 従来の釉薬等による陶器製造方法から、焼成に掛かるコスト削減、省資源、カラーバリエーションにより販売拡大を図る新製品を開発し、窓口相談に来られました。これを機に、INPITの特許情報分析活用支援事業への応募を支援し、採択後の先行技術調査結果を受けて事業展開に向けて専門家(井上弁理士)を活用して特許出願を行うことになりました。

支援概要

 特許出願後、拒絶理由通知を受けましたが、専門家(井上弁理士)を活用し、特許を取得することができました(特許第6793979号)。一方、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、植木鉢等の塗装ライン設備導入等の思い切った事業再構築を検討され、愛知県よろず支援拠点(小坂様)とも連携し、中小企業庁の「中小企業等事業再構築促進事業」の「環境配慮型のペット向け骨壺の新規開発」に採択されました。また、SDGsに関連して、愛知県産業技術センター(高橋様)とも連携支援し、合成樹脂(プラスチック等廃棄物)を再生樹脂製品にリサイクルするために必要な加工技術(粉末化技術)も研究中です。

支援成果

 製造ノウハウ等様々な支援の結果、パンを焼くと外側はパリパリ、内側はホワホワになる素焼き型の新製品「トースター用の陶磁性加湿具」を開発することができました。本製品は旧知の老舗店にOEM供給し、市場で販売もしています。なお、「環境配慮型のペット向け骨壺の新規開発」については、現在専門家(橋本弁理士)とともに特許出願に向けた支援を行っています。


企業コメント

 当社は小企業ですが、INPIT愛知県知財総合支援窓口へ知財に関する相談をお願いしたところ、特許取得へのアドバイスや専門家相談など迅速に対応して頂き、今回の特許を取得できたことは大変感謝しております。また、特許取得したことにより、よろず支援拠点のコーディネーターの協力を得て、事業再構築補助金の採択を受けたことも大変感謝しています。

窓口担当者コメント

 経営者は海外実務経験で培ったネットワークを通じ、グローバルな視点から国内外市場の需要を把握し、新製品を発想できるという強みを有しています。新製品開発に当たっては経営者自らが試行錯誤してアイディアを出しており、巣ごもり需要に結びつくと思われます。 (井上 勝)

陶器製造方法を生かして事業再構築へ!(129.8 KB)

このページを印刷する

掲載年月日:2021年10月 1日

ページのTOPに戻る
  • 特許情報分析支援事業
  • コピー商品撲滅キャンペーン
  • J-PlatPat
  • Graphic Image Park 画像意匠公報検索支援ツール
  • 開放特許情報 データベース
  • 新興国等知財情報データバンク
  • 知的財産権活用企業事例集2018 ~知恵と知財でがんばる中小企業52~
  • 知的財産権活用企業事例集2016 知恵と知財でがんばる中小企業
  • 知的財産権活用企業事例集2014 知恵と知財でがんばる中小企業
  • JETRO
  • イノベーションネット
  • J-Net21支援情報ヘッドライン
  • ミサラボ
  • 中小企業ビジネス支援検索サイトJ-Net21
前へ
次へ
  • 特許庁
  • 各経済産業局等 知的財産室
  • 独立行政法人 工業所有権情報・研修館
  • 知的財産相談・支援ポータルサイト
  • よろず支援拠点